うおぉーーーオナニーし過ぎて体力の衰えが止まらん!

なぜこんなにダルいんじゃ…

 

こんにちは、キタムーです。

今回はオナニーでの射精と眠気&体力の関係について書いていきたいと思います。

 

何故オナニーで射精すると体力が低下するのか?

いやー、なんというかオナニーで射精する瞬間だけは気持ちいいですよね。そのほんの一瞬の快楽の後にすぐに眠気に襲われますが。

もちろん色々なホルモンが失われるのでセックスで射精しても全く眠気に襲われないとか、疲れないという事では無いですがオナニーと比較すると大したことはありません。

じゃあなんでオナニーでの射精って疲れるんでしょうか?まずはそこについて書いてきたいと思います。

 

セックスとオナニーでの射精時の疲労の違い

セックスとオナニーでの射精を比較する時に大事な考え方が性エネルギーという考え方です。ちょっと難しいかもしませんが人間と言うのは目に見えなくても色々なエネルギーを交換したり、与えたり受けたりしています。

 

分かりやすい例を出すと自分の苦手な人や嫌な人と会って話したりするだけで一気にどっと疲れが出ますよね?あれは悪いエネルギーを貰っているという事です。(もしくはエネルギーを奪われている)

 

逆に一人で家でゆっくりと過ごしていると余計な悪いエネルギーを受けないのでストレスなく元気だったりします。けれども1週間以上一人きりで家に引きこもっていると鬱々とした気分になってくるはずです。

これは人に合わなさすぎて誰からもエネルギーを貰えず枯渇している状態と言えます。

 

ここまでが前置きですがこれを性的な面で当てはめて考えてみます。そうするとおのずとオナニーで射精すると疲労感が何故高いのかが分かってきます。

セックスと違ってオナニーは一人きりで行う行為です。そうすると性的なエネルギー、つまり性エネルギーの交換が行われないので射精で精子などであらゆるホルモンを出す一方になります。これが体力が低下しやすい原因です。

 

一方のセックスは相手があって成立する行為です。だから射精後に眠気や疲労感を感じることはあっても精神的疲労や虚しさを感じにくいんです。

行為が終わった後にお互いが気持ちよかったね〜と幸せで楽しい気分になる。この気持ちになれば一時的に肉体的に疲労感を感じても満足感や充実感のおかげで直ぐに回復してくれます。

 

なのでセックスでの射精は体力低下には繋がりにくいです。専門的な事を言うとセックスではセロトニンという幸せホルモンやテストステロンが高まります。なので生き生きとしてパワーに満ち溢れてくるというメカニズムです。

その結果オナニーで射精するのとは全く別次元の世界になるという事です。

 

日常に置き換えて分かりやすく言うならば「心地よい疲労」と「不快な疲労」の違いです。仕事やスポーツ(学生なら部活動)などで一生懸命に頑張った時って疲れはしますが心地よいですよね。

「あ〜オレ今日頑張ったわ〜」みたいになり、その状態で眠ればグッスリ眠れるので翌日からも快調って感じです。

 

けれど満員電車に1時間ギュウギュウづめにされて帰宅したり、誰かと喧嘩して人間関係のトラブルで疲れた時。

これは不快な疲労感ですよね。最悪の場合、寝ても疲労感が抜けずに次の日まで引きずる。もしくはストレス過ぎて逆に眠れなかったりします。

 

オナニーによる眠気を最大限に防げる時間帯とは?

セックスした後に眠くなってすぐに寝てしまった場合、女性の立場からしたら

「なんですぐ寝るのよ!射精さえしたら私の事なんでどうでもいいの?!やっぱり体目的なんだ」

と思われてしまうかもしれません。

 

と言うか実際に過去に付き合っていた彼女に言われたことがあります。当然、そんなことないよ!と否定します。いや、実際そんなこと無いのかもしれませんが身体は正直です(笑)

 

そう、単純にセックスはある程度疲れるんです。だってセックスはスポーツって言葉があるようにそれなりに体を動かしますからね。

でもそう考えると不思議に思いませんか?消費するカロリー的な面で考えるとオナニーよりセックスの方が多いはずです。

 

だってオナニーで射精する場合、右手でシコシコとするだけなので使うのは右手だけのはず(笑)それに対してセックスは全身運動ですからね。

けれどオナニーをすると途方も無い眠気に襲われます。これの理由は先ほど書いたように性エネルギーの交換が行われずに失う一方だからオナニーでの射精の方が眠気に襲われやすいという事です。(それに加えて話し相手がいないというのもあると思います)

 

なのでオナニーをしてしまったら絶好調の時以外は眠気を感じてダルくなるのは仕方ないと割り切った方がいいです。

けれどなるべくそのダメージを減らすにはどの時間帯に射精をすればいいか?という部分を僕自身が色々と実験を続けてきたと言うか体験的に感じた事を書いていきます。

 

まずですが寝起きに一発のオナニー(笑)これは絶対にやめた方がいいですね。今日1日を不快なものにお約束をしてくれるような悪行です。

 

もしかしたら寝起きに一発やると目が覚めるんだよな〜なんて意見もあるかもしれません(いや、無いかw)高校生くらいまでなら肉体がフレッシュなのでそこまでダメージはないのかもしれませんが、大人になれば確実にエネルギー的にマイナスからのスタートとなるのでやめておきましょう。

 

次に昼以降ですがこれもやめておいた方がいいですね。午前中から清々しく過ごして「う〜ん今日も最高の日になりそうだぜ!」って思っていてもオナニーで射精してしまうと午後からの時間に眠気に襲われて2時間くらい昼寝してしまいます。しかも昼間に寝すぎることによって夜寝付けなくなると言う悪循環…

 

それに昼過ぎって人間のバイオリズム的にも眠くなりやすいです。食後というのも関係していますが必要以上に昼寝してしまって起きた後の絶望感しかないです。

 

であればいつが眠気を最大限に防げる時間帯かと言うと夜しかないんじゃないかと僕は思いますね。正確にはオナニーをしてしまってそのまま寝るので防ぐと言い方は正しくないかもしれませんが。

ネットで調べると寝る前のオナニーは睡眠の質を下げるので絶対にやめておいた方がいいみたいな意見もあって、確かにそうだなとも思います。

 

でもですよ、冷静に考えてみてください。多少睡眠の質が下がったとしても日中にオナニーによる眠気を我慢しながら生活するとか昼寝しすぎて睡眠のバイオリズムが狂ってしまうよりはよっぽどいいと思います。

 

オナ禁中のリセットのために色々と試したんですが個人的には夜、もしくは寝る前にやるのが一番純粋なダメージが少ないかと感じました。

 

日中にやってしまう場合は、その後に運動をしたり筋トレをしたりしないとダメージが残りやすいですが、夜にオナニーすればそのままスヤスヤと眠りながら精神的、肉体的な疲労を回復してくれるな〜という印象です。

 

今回は「オナニーで射精すると眠気に襲われて体力が低下する」という事で書いてきましたが根本的にはその通りだと思うので、なるべく早くセックスする相手を見つけるというのが最大の改善策ですね。

 


【注目記事】
女との出会いに飢えすぎて自宅で発狂してた日々を抹殺した方法

【オナ禁必須アイテム】
◯◯無しで絶対オナ禁なんてするなよ!その答えはコチラ。。。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
僕はオナ禁によって自信が得られ
モテるようになり彼女もできました。

それまでは9年間彼女がいなくて一人で
オナって死にそうな日々を毎日過ごしていました。

詳しい自己紹介はコチラに書いています。

オナニーの悪魔に取り憑かれた男の物語

そこで気付いたのはモテないのは
才能とかの問題じゃ無く知識不足が原因です。

オナニーの害悪であったり、本当の女性心理など
学校では絶対に教えてくれません。

だから今現在、恋愛に関する事で
悩み苦しんでいたとしても
あなたが悪いわけではありません。

もしもあの頃、
牙を抜かれた無気力なオナ猿だった自分を
変えてくれるようなものがあったなら…

そんな思いで、

草食男子絶滅計画 〜最強にモテる男プロジェクト〜

という無料講座を作りました。

毎日読むだけで漢力が上がって
自然にモテるようになっていく内容です。

ぜひ人生を変えるきっかけになってくれれば嬉しいです♪

▽下の画像をクリックして続きを読む


→クリックして詳細を見る