ぐぬぬぬ…抜きたい!出したい!おいおいこんなにオナ禁でストレスかかるんだったら身体や健康に悪いんじゃねーの?そこまでしてオナ禁する意味あるのかよ?!

オナ禁はストレスになるのか?

オナニーってむしろ一般的にはストレス解消の道具の1つだったりするわけじゃないですか。それが断たれたら精神的な負荷は大きいし、イライラすると思います。

普段このサイトでもオナ禁の良い面ばかりついつい書いてしまいますが、デメリットも当然あります。それがオナ禁をすること…なんかややこしいですね(笑)

オナ禁をすると莫大なメリット得られるけど、オナ禁をすること自体ストレスが溜まるというデメリット。(なんか逆説的…)

 

と言ってもそれは最初のうちだけで慣れてきたらオナ禁によるストレスはそれほど感じません。オナ禁でストレスが過剰に溜まるのは自分がオナニー中毒な状態、まだオナ猿である証拠です。時間の経過とともに収まっていくので安心してください。

でもそこで簡単にリセットしまくっていたらその状態からはなかなか抜けられません。多くの人があと一歩のところで誘惑に負けてオナ猿状態を続けてしまいます。

僕もそうでしたが、そんな時は気合や根性に頼らずにサプリを併用してオナ猿状態から最速で脱出しましょう。

【関連記事】
→仙豆的なパワーを秘めた亜鉛サプリの威力

 

それでも慣れるまではストレスが溜まりますし、慣れてからもストレスが一切ないというわけでもないです。だからオナ禁中のストレスを解消するためにも代替案を考える必要があります。

 

オナ禁中のストレスを解消する方法

これらはストレスを発散する効果もありますし、オナ禁時のムラムラを解消してくれたり、リセットを防いでくれたりします。

 

1運動

  • 有酸素運動→ランニング
  • 無酸素運動→筋トレ

 

どっちでもいいですし、むしろ両方やったほうがいいです。気分や状況に合わせて使い分けるのがいいんじゃないでしょうか。やっぱり外に出て走る気持ち良さは何事にも代え難いですが、その一方で外に出る面倒臭さもあります。

その点筋トレなら室内でも自宅でもできますからね。本格的に筋肉をつけたり肉体改造をする場合じゃない限り、腕立てとか腹筋、スクワットなど手軽にできるメニューでいいと思います。

 

正直僕は筋トレなんてマッチョのやること…と馬鹿にしていたので本格的にはやったことはないのですが「筋トレが最強のソリューションである マッチョ社長が教える究極の悩み解決法」という本を読んで考え方が変わりました。

テストステロンの分泌量が上がって鬱でも何にでも効くし、筋トレすげー!って思いました(笑)

 

テストステロンが上がればモチベーションも上がるし、モテやすくもなります。だからオナ禁中のストレス解消+モテ効果と最高の組み合わせですね。

ちなみにこの本はTwitterで投稿した文章をまとめた形なので一文一文が短く読みやすいです。しかもかなりコミカルに本質的な事が書かれているのでオススメですよ!

 

2好きな事に打ち込む

自分が楽しければなんでもいいです。結局オナニーしたくなるのは暇な時間な事が多いです。暇でやる事ないから「じゃあオナニーするか」と手軽な快楽の手段を脳が提示してくるのです。

逆にやる事があって忙しいとオナニーしてる場合じゃないです(笑)別に極端に忙しくはしなくてもいいですが、自分が熱中できる事があれば意識がそれるのでそこまでオナ禁のストレスを感じません。

 

例えば、ゲームとかでもいいと思います。昔、毎日2〜3回シコってた超オナニストの僕でしたが

「久々にドラクエやりてぇーーーー!」と思い立った時に1週間くらい朝から晩までドラクエをやってました。

もう早く次に行きたい。クリアしたい!という一心でプレイしていたら全然オナニーのことは考えなかったし、しませんでした。まぁもう1回クリアしてるんでストーリー分かってるんですけどね(笑)それほどドラクエは面白いと。

 

あと、僕は音楽が大好きなのでギター弾いたり、カラオケに行ったりしますね。すぐに弾けるものじゃありませんが楽器を弾くのは脳的にもいいですよ。

途中やめていた時期もありましたが、もうかれこれ20年近くギターを弾いてます。僕にとってギターは天職というか相棒かもしれません(笑)

 

3妄想という名のイメージトレーニング

そもそも「オナ禁をしてどうなりたいのか?」

オナ禁をする前にこれが明確じゃないと高確率で挫折します。なので明確じゃない方は今必ず明確にしましょう!

僕の場合は自分でビジネスを構築して今年中に必ず起業したいという目標があります。そのエネルギーの確保の為にもオナ禁の継続はマストです。

 

それに加えて恋愛という意味では最近彼女にフラれてしまったのでオナ禁を継続して新たな彼女を見つけたいと思っています。あとは今まで付き合ったことのないタイプ、例えばギャル系の女性と付き合う…というよりは下半身を突き合いたいかな(笑)

 

今回は、というより今回も突然別れを告げられたのでかなりショックです。今思ったのはやはり一人の女性に依存しすぎるのは良くないかなと。結婚してるならいいかもですが、そうじゃないのであれば色々な女性と会った方がいいですね。

というような事をですね、妄想=イメージするわけです。そうするとモチベーションも湧いてきますし、

 

「ギャルとヤリテェーーー!」

「オレはこの目的の為に頑張っているんだ!」

と自分で認識できれば感じていたストレスも軽減します。というより楽しくなってきます。なので僕はギャル系の娘とイチャイチャしてる姿を妄想しときます(笑)

 

最終手段はオナニー

どうしても無理なら僕は抜いちゃっていいと思います。あまりストイックすぎるのは絶対に続きません。それよりもリセットしてしまったら、その回復方法に力を注ぐべきです。

運動をすることでダメージを軽減したり、絶対に自分を責めないようにするとか。

 

「あぁ、なんてオレはダメなんだ…」と落ち込んで自暴自棄になると絶対に続きません。だから仕方ないと切り替えます。もし、3日で挫折したなら「今回は3日我慢できた。じゃあ次は4日目を目指そう!」これでOKです。

 

別に全員が長期のオナ禁ができなくても構いません。一律の最終目標があるとしたら7日間ですね。テストステロン的に7日間がMAXと一応研究結果が出てるので、7日間オナ禁して出すというサイクルを習慣化できればオナ猿の頃より全然違います。

それだけでも立派にオナ禁できてると思っていいですよ。別に日数勝負の世界じゃありません。もし、もっともっと高いスーパーサイヤ人効果を得たい人はより長い日数を目指せばいいだけです。

 

それでもオナ禁のストレスの方が大きくて身体に悪いのでは?

色々解決策を書きましたがそれでもオナ禁をすることの方がストレスが溜まって身体に悪いのでは?と思う人もいると思います。確かに適度なストレスは人間を成長させますが、過大なストレスは悪なのは間違いありません。

でも、もう一度考えてみてください。オナニーをするのはストレス解消になるのは間違いありません。人間の三大欲求を満たせば人間は満足するのでストレスは解消されます。

グッスリ眠った時、美味しい食事をした時。最高ですよね?性欲もセックスで解消できれば超最高です。

【関連記事】
オナ禁中にセックスしていいんですか?えぇいいんです!

 

そうできない場合、確かにオナニーをすることで一時的なストレスの解消にはなります。でもこの一時的というのがクセモノです。

オナニーしたら確かにスッキリするのですが、すぐにまたオナニーがしたくなります。これが新たなストレスになります。しかも回数が増えれば増えるほどにもっとしたくなるのでさらにストレスが溜まります。

なのでデメリットが大きくトータルで見たら割に合わないストレス解消方法です。

 

けれど…そもそもストレス解消って必ずオナニーで解消しなきゃいけないんでしょうか?当然、そんなことはありませんよね。先ほどたくさんその手段を書いたのでそれでストレスを解消をすればいいだけです。

世の中メリットだけを受け取れることはあまりありません。トレードオフと言って何かを得れば、何かを失います。

 

じゃあ何故そこまでストレスを溜めてまでオナ禁をする必要があるのか?それはオナ禁のメリットが大きすぎるからですね。だから多少のデメリットは目をつぶりましょうって感じです(笑)

AVを見れなくなるのもデメリットっちゃデメリットです。本音を言えば僕だってAVを見たいです(笑)AVはAVの非現実さがあるし、エンターテイメントとして楽しいです。

 

けれど、オナニーをして落ち込むことの恐ろしさを身をもって知ったし、オナ禁してエネルギーが充満する気持ち良さを知ってしまったので続けているだけです。

と言っても先ほども言ったように慣れてくるとそこまでストレスは感じなくなってくるので安心してください。

 

タバコやお酒も近いものがあるかもしれません。僕はタバコを吸わないので気持ちはわかりませんが、禁煙を始めたら発狂しそうなくらいストレスが溜まるかもしれません。

でもそれは習慣化されて当たり前になっているからです。タバコを吸っている人もタバコを吸わなかった時期が必ずあります。その時は当たり前ですがストレスなど感じていなかったわけです。

 

だから結局やることが習慣になっているだけで、やらないことが習慣になればストレスはあまりないわけです。ストレスを感じなくなるまでは期間は個人差があるので一概には言えません。

タバコやお酒であればかなり長い期間を必要とするかもしれません。そう考えるとオナ禁なんて楽勝だと言えます。

 

僕のオナ禁の経験で言えば、1〜2ヶ月でかなり中毒状態を脱出してストレスをあまり感じないようになりました。あ、別に丸々1~2ヶ月射精をしなかったわけではないですよ。週に1回くらいのペースでセックスで発射していました。それでも中毒状態を抜けれるには十分でしたね。

 

オナ禁のストレスを最小限にする方法

やはり定期的にセクリセ(セックスリセット)することです。さらに1番い良い方法は彼女やセフレを作って定期的にセックスできる状況を作ることです。そうするとオナニーをしなくても週1回くらいセックスをすれば十分に満たされます。

「それが出来たら苦労しねぇよ!」って言われそうですが確かにそうです(笑)既にモテモテで彼女や女に困ってないって人はそこまで積極的にオナ禁について調べようとはしないと思います。

 

なので過去の僕のように出会いが無かったり、女の子との接点がなくて困っているはずです。その気持ちは十分分かりますが、それでもオナ禁を継続して女性との接点を増やすことを心がけてください。

【関連記事】
オナニーの悪魔に取り憑かれた男の物語

 

こちらにも書きましたが僕はオナ禁を1ヶ月くらいしたら彼女ができました。やはり不思議なものですがオナ禁をしていると女性を引き寄せる気がします。

それはオナ禁をすることで脳内で「ヤバい!何としても女と会ってエッチしたい!」という強烈な感情や思考が生まれます。その思考が伝播されて現実を引き寄せるイメージです。

もちろん、ずっと家に引きこもっていたら無理なので出会い系でもなんでもいいので会う機会を意図的に作ることです。

 

人によってはセックスすら禁止したり、セックスをしても射精はしないようにするなんて人もいますがその考え方には僕は疑問を抱きます。確かに射精をすればセックスと言えどエネルギーを失うので疲れたりします。

でも別に良くないですか?例えば自分の好きなスポーツ、僕は野球なんですが楽しいけどプレイしたら疲れます。セックスだって愛を確かめ合う一種のスポーツだと思います。

そのセックスの果てに疲れ切って寝てしまってもそれも幸せな時間じゃないですか。なのに射精によって性エネルギーを失うから頑なに発射しないというのは本末転倒な気がしますね。

 

ということで今回はオナ禁時のストレスについてでした。新しいことを始める時にストレスがかかるのは仕方ないです。一緒に頑張っていきましょう!


【注目記事】
女との出会いに飢えすぎて自宅で発狂してた日々を抹殺した方法

【オナ禁必須アイテム】
◯◯無しで絶対オナ禁なんてするなよ!その答えはコチラ。。。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
僕はオナ禁によって自信が得られ
モテるようになり彼女もできました。

それまでは9年間彼女がいなくて一人で
オナって死にそうな日々を毎日過ごしていました。

詳しい自己紹介はコチラに書いています。

オナニーの悪魔に取り憑かれた男の物語

そこで気付いたのはモテないのは
才能とかの問題じゃ無く知識不足が原因です。

オナニーの害悪であったり、本当の女性心理など
学校では絶対に教えてくれません。

だから今現在、恋愛に関する事で
悩み苦しんでいたとしても
あなたが悪いわけではありません。

もしもあの頃、
牙を抜かれた無気力なオナ猿だった自分を
変えてくれるようなものがあったなら…

そんな思いで、

草食男子絶滅計画 〜最強にモテる男プロジェクト〜

という無料講座を作りました。

毎日読むだけで漢力が上がって
自然にモテるようになっていく内容です。

ぜひ人生を変えるきっかけになってくれれば嬉しいです♪

▽下の画像をクリックして続きを読む


→クリックして詳細を見る