オナニー中毒は麻薬中毒と変わらない…

こんにちは、キタムーです。突然ですが麻薬中毒者の写真見た事あります?肌がボロボロになったり、ろれつが回らなかったり。

しかも麻薬というだけあって常習性があるので自分でやめたくてもなかなかやめられない…本人に止める意志はあるのにやめられない。

 

僕的には元プロ野球選手の清原和博さんが薬物で逮捕されたのが衝撃でした。あれほど厳しい練習をしたり、日々強烈な忍耐を必要とされるプロ野球の選手であってもその誘惑に勝てない。

あ、もちろん全員じゃないですが、あれだけの凄い成績を残した大打者であってもってこと。

 

今は麻薬の事について書きましたがオナニーも実もこれと同じように中毒であることには変わりありません。確かにオナニーをしすぎたからといって逮捕されることはありません。

でもオナニーをしすぎる事によって時間を浪費したり、無気力でうつ病のような症状になったり肉体的に及ぼすダメージはあります。

さらにムラムラする性欲が暴走すると性犯罪に手を染めてしまう…なんてことにも繋がります。

 

オナ禁で性欲コントロールが可能になった未来

もちろん性欲自体は悪いものではなくて生きるために、子孫を残すためにも必要な物です。しかしそのムラムラが過剰になってしまうと先ほどの弊害が起こります。

逆にその性欲をしっかりとオナ禁でコントロール出来るようになるとどんな事が待っているか?

 

  • オナニーによる時間浪費がなくなり生産的に過ごせる
  • オナニーによる疲労感や倦怠感がなくなりエネルギッシュに過ごせる
  • 女性にモテるようになる
  • 性欲に振り回されなくなる
  • 毎日の充実度が桁違いに上がる

 

では次からはオナ禁を継続していくために、安易にリセットしないためにも性欲やムラムラを抑える方法を紹介していきたいと思います。

【関連記事】
オナ禁したら美女に出会いに行け!安心安全に出会えるオススメ出会い系アプリBest3

性欲やムラムラを抑える方法

大きく分けてGOODな方法とBADな方法の2種類があります。もちろんBADな方法は推奨するわけではなくて、こういう方法はやめておきましょうという意味での紹介です。

GOODな方法

運動&筋トレ

一番のオススメは運動したり筋トレをする事です。極論ですが歩けなくなるほどランニングで身体を疲弊させれば、オナニーをする元気もエロの事考える余裕もなくなります(笑)

疲弊させて意識をそらすのが本来の目的ではないですが確実性という意味では高いです。

ですがそこまで疲労困憊までやらなくても走ったり筋トレをすると身体を使ってその行為に集中することになります。だからエロの方に意識が向かないし、自然とムラムラは収まっています。

 

食事

まず大事なことは食事と性欲の関係です。実はこの2つはかなり密接な関係です。体験的になんとなく分かっている人も多いと思います。

例えば食べすぎて食欲を満たしすぎると満足してしまって性欲も下がってきます。なのでデートで女の子と誘ってその後ホテルへ…と考えている人は食べさせ過ぎに注意(笑)

 

でもそれなら満腹になれば性欲が抑制される→オナ禁が捗る!

 

と思いがちですがお肉などの動物性タンパク質を摂りすぎると逆効果です。闘争心が湧いてきて性欲がムラムラ。。。

それに食べすぎると当たり前ですが太ります。なのであまり満腹を狙って性欲を抑えるのは賢明な方法じゃないですね。それよりも大豆のイソフラボンを摂取する方がGOODです。

 

なぜ大豆が良いかというと大豆には女性ホルモンのエストロゲンが多く含まれています。なので男性が摂取した場合は性欲を抑制してくれるのですが、女性が摂ると性欲が増すので注意!

って女性でこんなサイト見てる人はいないだろうな〜w
ちなみに肌への美容効果、健康にも良くてオススメ!

余談ですが昔僕はセブンイレブンで深夜バイトをやっていて、昼夜逆転生活のせいで肌の状態が最悪でした。ニキビとかはなかったですが、ハリと弾力(笑)が著しく落ちました。

そんな時でもこの豆乳ドリンクを飲んだ日にゃ復活!って感じでしばらく習慣にしていましたね。

 

音楽

意外なところからのアプローチとして音楽もあります。いろいろな意見があると思いますが、オススメはクラシックです。ハードな音楽を聴いてテンションを上げるというのもありですが、やはりオナ禁に限っていうと冷静さがあった方がいいのでクラシックです。

クラシックと言っても普段あまり聴かない人が多いと思います。でもモーツァルトなら名前くらいはは知ってますよね。そしてモーツァルトの音楽が脳に良いなんて事も聞いた事があるかと思います。

 

じゃあどういう作用があってオナ禁に良いの?なんて小難しい事は考えずに聴いてみてください。気分が落ち着いたり、冷静になれたりして性欲も落ち着きます。

さらに音楽を聴きながら呼吸にも気を配り、深呼吸を繰り返すとより一層効果が高まります。

 

瞑想

瞑想もかなりオススメです。何故かと言うと結局、性欲が抑えられない、ムラムラするというのは脳が興奮状態なわけです。興奮というと怒りの感情もありますが、怒りもムラムラも興奮状態という意味では同じです。

よくイライラしたり、怒りが収まらないときは瞑想しましょうみたいな本もあります。それだけ瞑想には脳を冷静でクリアな状態に戻す力があります。

 

でも瞑想ってきくと大げさで大変なイメージがありますよね?なんか座布団で座禅を組んできっちりやるみたいな(笑)僕もそう思ってました。たぶん日本人って真面目で完璧主義な人が多いからかもです。

実際はそこまでやらなくても目を閉じて5分、いや5分が長いなら1分でもいいです。深呼吸をしながら無になるわけです。まさに「無の境地」ですね(笑)

 

と言っても「そんな簡単に無になれたら誰も苦労しねーよ!」って感じです。

確かに確かに確カニカニって感じです。その気持ちは分かります。

 

何も考えないようにして何も考えない状態を目指すのは難しいのでマントラと呼ばれる呪文を唱えるがオススメです。マントラには本来意味はあるみたいなのですがサンスクリット語なので僕らが唱えても全く無意味な言葉になります。

もしかしたら潜在意識的にメッセージが入ってきたりするのかもしれませんが、まぁ意識上では全く無意味な言葉です。

 

僕はプチ瞑想という本で読んだのですがその中で「オーン・ナーム・スバーハー」というマントラが紹介されています。これは著者の方が作ったみたいですが、全く意味のない呪文ですよね。

で、この無意味な呪文を唱えると思考回路は無意味=無になります。最初のうちは難しいかもしれませんが、慣れてくるとコツが分かります。なによりこのプチ瞑想は性欲に限らず人生全般の悩みやイライラにも使えるので習慣にするのをオススメします。

 

あとは、誰でもいいのでじいさんの顔を思い浮かべる(笑)アホくさいかもしれませんが、それなりに効果がありますよ!だってじいさんの顔を思い浮かべながらムラムラしてる自分が気持ち悪くなるし、嫌悪感を抱くのでw

 

BADな方法

性欲を低下させる

性欲を低下させるというのはどういう意味かという事ですね、簡単に言うと修行僧のように欲自体を絶ってしまうやりかたです。

性欲はエネルギーで生きるのに成功や性交するのに必要なものです。それを仙人のように断ってオナ禁をしても今度はムラムラしなくなって勃起障害になったり本末転倒になりますよって事です。

性欲というのは強いエネルギーで生きるエネルギーでもあるので、これが低下すると他の欲も低下する可能性があります。

 

ムラムラしたら…

【自宅を大脱出】→強制的にオナニー不可能な環境へ

出るまでが大変ですが出てしまったらその時点でのオナ禁はほぼ成功です。散歩しながらオナニーなんてアクロバティックで高難易度な技をこれを読んでいる人の中にいるとは思えません(笑)

まぁ僕はショッピングビルのトイレに駆け込んでシコってしまった事あるのでその辺は注意してください(笑)

トイレ、要は個室ですね。個室には注意!ですw

 

運動マッスル×2

「GOODな方法」のところでも書きましたので詳細はそちらを見てください。

やっぱり運動は効果大です。でもランニングや筋トレまでの大げさなものでなくてもストレッチ、全身に思いっきり力を入れる。これだけでもだいぶ変わります。

 

性欲とムラムラのピーク

短期、中期、長期どの日数を目指すにせよしんどいのは最初の段階なのは間違いありません。じゃあ一体何日くらいで性欲のピークが来るのか気になりますよね?このピークを事前に知っておけばそこに向けて対策をしたり意識したりできます。

個人差はありますが一般的には性欲のピークは1週間前後と言われています。それに加えテストステロンも1週間でピークを迎え10日目には平常値に戻っていくことが分かっています。

という事は1週間くらいがムラムラのピークなのでここを目安には頑張るのが理想です。そして最初のうちは無理せず1週間我慢できたら射精する短期のオナ禁を繰り返すのがオススメです。特にオナ禁初心者はなおさらです。

 

最近の研究で先ほど書いたテストステロンも1週間でピークを迎えるのでそれ以上のオナ禁は意味がないという記事も見かけます。確かにテストステロンの値だけを見るとそうなのかもしれませんが、体験的にはそれ以上の期間をやっても意味はあります。

具体的には2週間続けると、1週間よりも確実に無敵感を感じます。でも1週間を超えると難易度的には一気に上る印象があるので、このブログでもまずは1週間のオナ禁を習慣化することをオススメしています。

 

でも1週間がピークならそれを乗り切ったらそれ以降は楽勝なんじゃないかとう声が聞こえてきます。確かに性欲のピーク的にはそうなのですが、今度は心の声に負けそうになるのです。

例えば「1週間オナ禁頑張ったんだから、そろそろ抜いても良くね?」とついついエロ動画とかを検索してしまったりします。

要は性欲自体の暴走はしてないんですが、その性欲を暴走させる引き金を引く力が暴走しやすいという事です。

 

ちょっと分かりにくいので例を出します。

一度スイッチを押すと1週間に渡って暴走する自動運転車があったとします。そして1週間が経ってなんとか事故らずに暴走がやっと収まります。そのまま放っておけば2週間でもそこに止まったままで暴走することはありません。

 

ですが!

 

今度はその暴走するためのスイッチを押したいという欲求に歯止めがかからなくなります。

「あぁーーーあのスイッチを押したい!×3」

と押してしまったら最後、先ほどは事故らずに1週間我慢できたのに今度はあっさりと「ガッシャーン!!!」と事故で終了…
ここでは

 

  • 車の事故=射精
  • 暴走スイッチ=AVやエロ動画を検索or見る

 

という意味です。

なんとなく分かりましたかね?(笑)

なので性欲のピークは1週間前後で最初のうちはそのタイミングで射精して、1週間のインターバルを繰り返した方が習慣になるし、より次のステージに進みやすいよ!ってことでした〜。

 

オナ禁のステージ

オナ禁の日数ではなく、意識という意味でステージです。

初期=中毒状態

まずは誰でも陥っているだろう中毒状態、オナ猿とも言えます。このステージだとちょっとエロい事を考えたり、見たりするとすぐに反応してムラムラ。オナニーして抜かないと収まらない!この状態です。もともとの個人差もあるかもですが、AVとかエロ動画を見るのが習慣になっている人はこうなりやすいです。

 

中期

意識すればそこまで苦もなくオナ禁が継続できる状態です。日数的には1週間でも1ヶ月でもいいんですが、要はやろうと思えば性欲に振り回されること無くある程度続けられる状態です。

 

最終段階

中期が「意識して」でしたが、最終段階では無意識レベルでオナ禁をしている。要はオナニーはしないのが当たり前レベルで習慣になっている状態。

無理に性欲を抑え込むわけでもなく、性欲が全く起きないわけでもなく、性欲をコントロールしている状態です。

習慣になると無意識に出来てしまうので余計なエネルギーを使いません。逆を言うとオナ禁をするぞ!意識している段階(初期〜中期)では余計なエネルギーを使っていることになります。

 

でも最終段階に来て無意識になるとそのエネルギーさえも使わなくなるのでより多くのことが出来るようになり、人生の充実度が高まるわけです。

確かにAV鑑賞は一時の快楽としては楽しいですが、お金も時間も吸い取られるわけです。そしてオナ禁を続けるぞ!という強靭な意志力も高いレベルで話せばエネルギーを取られているわけです。

これらの浪費しているエネルギーをフルに使えるようになると無敵になります。なので目指すべきは無意識で当たり前のように性欲をコントロールしている=オナ禁をしている状態を目指すべきです。

 

オナ禁の真の目的

性欲やムラムラを消し去る事ではない

当たり前ですが性欲を否定するものでは決してない。むしろその性欲をエネルギーに転換するためのものですね。そして大事なのはバランスです。

禁欲に傾きすぎても人生がつまらなくなるし、欲に溺れても破滅します。そこを理解した上でオナ禁にチャレンジし、自分の漢力を上げていくのが大切ですね。

【草食男子絶滅計画 〜最強にモテる男プロジェクト〜】

「非モテ残念野郎」から「モテすぎるワイルド肉食MEN」へ激変する怪しすぎるプロジェクトの正体とは?


【オナ禁必須アイテム】

◯◯無しで絶対オナ禁なんてするなよ!その答えはコチラ。。。