こんにちは、キタムーです。オナ禁の効果を調べるとなんだか凄そうだなとか「オレも超サイヤ人になってみてぇ!」なんて思う人もいるかもしれません(そんな風には思わないかw)単純に興味本位かもしれません。

いや、ハッキリ言ってモテたいだけだ!って人もいるかもしれません。きっかけはなんであれOKなのですが、巷ではメリットの部分ばかりがクローズアップされているけど実際のところデメリットはどうなの?って感じだと思います。

メリットがあってもそれを上回るデメリットがあったら「意味ねぇーー!!!」って感じなので、まずはその疑問を解決していきたいと思います。

 

男性機能の低下

まず挙げられるのが以下のようなデメリットです。

  • 勃起不全=インポ(ED)
  • 性欲減退
  • 早漏
  • 射精障害
  • SEX中の中折れ
  • 男性不妊症
  • 精子の退化

 

確かに後述する「使わないものは衰える!」という理論に従って考えればもっともらしい意見に聞こえます。ですがあくまでこれらは長期的なオナ禁を行った時に起こるデメリットでありリスクです。長期的というのはだいたい三ヶ月=90日間以上ですね。

【関連記事】
オナ禁するとインポ(ED)になっちゃうの?その真相にせまる

 

と言っても今書いたことが全員に全部起こるかというとそんな事もなくて。当然個人差があるわけです。でもそもそも僕としてはそこまで長期的なオナ禁をする必要があるのかというと非常に疑問です。

 

ここに興味深い論文があります。

論文

 

長いので3ページ目左上の図の部分を見るだけでOKです。このように最近の研究では1週間を目安にテストステロン値の上昇がピークになることが分かっています。ということは1週間以上オナ禁をしてもテストステロン値に関してはそこまで恩恵を受けられないということになります。

 

もちろん、テストステロン値だけでオナ禁の効果が全部決まるわけじゃなくて2ヶ月、3ヶ月を超えると急に女性からモテるようになると言った効果も報告されています。

という事はテストステロンの影響だけじゃなくて、それだけオナ禁を継続できているという自分自身への自信やその他諸々が複合されてその効果が発動している可能性があります。だから長期的なオナ禁が完全に無駄とも思わないです。

 

で・す・が!

 

得られるリターンに対しての我慢の量が大きすぎやしないかってことです。

 

なので男性機能の低下のリスクが気になるのであればまずは1週間くらいの短期オナ禁を習慣にしてから、興味があれば中期〜長期のオナ禁にチャレンジするのがいいんじゃないかと思います。

 

短期のオナ禁であれば男性機能低下のデメリットというのはほぼなくて安全です。

くれぐれもいきなり長期のオナ禁はしない方がいいです。準備運動無しに全速力で走って肉離れで倒れるようなものですよ(笑)

 

ムラムラして集中できなくなる

これは確かにあります。

「もうエロの事しか考えられねーーーーーーー!!!」
崖っぷちで転落寸前のごとく性欲に襲われる。

 

 

ある程度慣れてくると、ここからでも筋トレをしたり走ったりして∨字回復も可能なんですが、慣れないうちは無理だと思います。そういう時はネガティブにならずにポジティブに一旦発射→リセットで再度挑戦!って流れの方が良いと思います。

でもムラムラして集中できなくなるのも慣れの問題なので、ある程度鍛錬してくるとうまく爆発的なエネルギーに転換できるようになってきますよ。

【関連記事】
オナ禁中のムラムラする性欲奴隷状態はどう抑えればいい?!

 

オナ禁失敗時のストレス

せっかく継続するぞ!と誓ってもたった数日でリセットしまう。何回やっても失敗してすぐに抜いてしまう。そうすると「自分はダメな人間だな」「意志弱すぎじゃね?」と自分を責めてしまう時があります。

そうなると確かにそれはストレスですし、オナ禁のデメリットと言えると思います。

 

特にオナ禁をしようなんて志してなければ、オナニーして射精することに何のためらいもストレスもありません。ゴールや高みを目指そうとする故に起こる感情やストレスです。

と言ってもこれもそこまでのデメリットととは言えないですね。そういう感情はオナ禁に限らず生きていれば大なり小なりあります。

 

「ちくしょー彼女に振られたぜ…」
「仕事で失敗しちゃった…」
「良さ気なソファーだったけど、買って家で座ってみたら座り心地が微妙だった…」

 

こんな感じで失敗する事は誰にでもあります。

でも

 

「もう一生女とは会わない」
「二度と仕事なんてするもんか」
「何一つこれからは買わないからな」

 

なんてことにはならないですよね(笑)まぁ恋愛はダメージによっては有りえますが、それでも大抵の人はもう一度チャレンジしていくと思います。

という事はオナ禁も同じということです。やり方や対策を変えて再チャレンジすれば良いってだけです。

【関連記事】
【朗報】オナ禁のストレスが速攻消え失せる3つの解消方法

 

AVを見る楽しみがなくなる

これはまぁありますね(笑)僕自身もハッキリ言ってAVは好きです。出来ることなら毎日AVを見て、際限なくどぴゅぴゅしたい所ですが確実に廃人になります…wというか実際に廃人になっていた事もありまして。

発射→寝る→回復→発射→寝る→回復発射→寝る→回復……
という果てしないエンドレスリピートをしていました。超絶うつ状態でマジで死にてぇ…みたいな(笑)

 

 

AVを見てる最中はエレクトしててそれなりにテンション上がってるんですが、発射したあとに気分がジェットコースター並に急下落。。。

なんというか日常生活を成立させるのが困難なレベルでした。僕はもうあの頃に帰りたくない…(笑)なのでどっぷりAVの奴隷にはならないようにしています。

 

でもどうしても見たいならたまに解禁日に見るのはありじゃないですかね。そのままオナ猿に戻らない自信があるのであればですが。

オナ禁ビギナーの状態であればやめておいた方がいいですね。ある程度コントロールが出来るようになってきたら解禁日だけ楽しむのもありっちゃありです。

本当はスマホをちょっといじったら自宅に女の子が来てくれる状態が理想ではあります。まぁ何事も最初からエベレストの頂点を目指すような行動をすれば死んでしまうので、ちょっと位は逃避口を用意しておくも悪くはないです。

 

あとは友達同士で好きなAV女優などのエロ話に花を咲かせられないというデメリットも考えられなくもないですが、あんまり友達とそんな事喋らない気もします(笑)男友達のタイプにもよりますが、あんまりそんな話で盛り上がった記憶はないです。なのでこれもたいしたデメリットにはならないです。

 

反対派の意見「使わないものは衰える!」

 

最後に「使わないものは衰える」という理論にオナ禁を当てはめてみたいと思います。有名人の中でも禁欲派とオナニー推奨派に分かれるみたいです。と言ってもそこまで色んな人の意見を見たわけじゃないですが、その中でもAV男優として有名な、しみけんさんがオナ禁反対派のようです。

オナ禁自体を反対してるかは分かりませんが、しみけんさんは「毎日しろ!使わないものは廃れる!」という主張のようです。

 

確かにこの意見自体は僕も賛成です。例えば、ずっと運動する事無く自宅でゴロゴロしていたらだんだんと身体は動かなくなっていきます。10〜2o代なら大丈夫だとしても30代以降では確実に身体が固くなって柔軟性が失われます。

なので基本的には「使わないものは廃れる」は合ってると思うんですが…ですが!

オナ禁に関しては必ずしも当てはまらないと思います。もちろん、永遠にやらないとか数ヶ月に渡る長期のオナ禁をすると廃れると思います。

 

エネルギーチャージと言う概念

けれど、ある程度の期間であれば廃れるどころか繁栄します。じゃあ廃れると繁栄するの何が違うかと言えば、エネルギーをチャージするという概念があるかないかです。

簡単な例を出して比較してみたいと思いますので、「これらを使わなかったらどうなるのか?」「これらを使わなかったらエネルギーは増えるのか減るのか?」を少し考えてみてください。

 

【エネルギーチャージ無し】
筋肉
頭脳【エネルギーチャージあり】
お金
性欲
食欲

 

エネルギーチャージ無し

筋肉

 

まずは前述した身体=筋肉についてです。(これは先ほど書いたのでさらっと書きます)ずっと筋肉を使わないとどうなるかは簡単に想像つきますよね?まさか家でずっとゴロゴロしてたら筋肉ムキムキになってエネルギッシュ!

…なんてことはあり得なくて、きっとヨボヨボになって普通に歩くだけでも困難になるはず。つまりは廃れる…という事です。

 

ちなみに映画『ドラえもん のび太とブリキの迷宮』で未来人が移動する際に1人用の車みたいなやつに乗るようになっていて、人間がまともに歩けない状態になっていてビビったのを思い出します。

これもアニメの中の話だと笑ってられないかもしれません。意外と近い未来にそんな風になるかも。極端ではないにしろ、昔の人より現代人が体力的に弱いのは事実だと思いますし。

 

頭脳

 

頭脳や頭はどうか。ハードな仕事をしている時は相当頭が回転してるな〜と自分自身で自覚しますが、そうじゃない休みの日とかでも頭は予想以上に働いています。朝起きたら「どの服を着ようか」「朝食は食べるか食べないか」「どこに出かけようか」

この働きを全く遮断したら…つまりテクノロジーが今よりさらに進んで、今日の天気に合わせて服が勝手に用意される。自分の体調に合わせた食事が勝手に出てくる。今の気分に合わせたお出かけスポットが勝手に用意されて、道順や乗る電車の時刻も勝手に提示される。

 

このような状態になったら脳はどうなるか?きっと恐ろしいスピードで衰退するはずです。実際に「遊ぶ」ことに関してはかなり衰えている気がします。昔の世代の人は缶けりやベーゴマ、鬼ごっこなどアナログな遊びが中心だったし、そのほかにも自分で遊びを色々と考えていたと思います。

でも現代はTVゲームが中心になって作られた遊びが与えられるという構図になっているので自分で遊びが作り出しにくい気がします。まぁ時代のせいなんでしょうけど。その是非はともかく頭脳や想像力も使わないと衰えるって事です。

 

エネルギーチャージあり

お金

 

次にチャージという概念がある方ですね。お金は使わないとどうなるか?



はい、貯まりますね(笑)肉体の話をしてるのにお金を持ってくるのはどうなのかって意見もあると思いますが分かりやすいので書いてみました。そしてお金は数字なので分かりやすい指標だと思います。10万貯めたのと300万貯めたのではエネルギーがべらぼうに違うは誰でも分かりますよね。

10万だとMacBook Airがギリギリ買えるか買えないかですが、300万なら車が買えます。車よりMacBook Airの方が多目的に使えるので価値があるって論調はここでは無しで(笑)やっぱり世間的な価値で見たら300万円の方が凄いわけです。だから使わなければそのパワーはチャージされていきます。

 

余談ですがお金はあまり貯めすぎるのはよくないです。金は天下の回りものという言葉のようにお金は使うから他人も潤って自分のところに帰ってきます。だから不況だ〜と全員が金を使わないで貯め込むともっと不況になるって事(笑)

川の上流は流れがあって循環してるので綺麗ですが、下流は淀んでドロドロになっています。それと一緒ですね。なので不測の事態に備えてのある程度の貯金はしょうがないにしてもあとはジャンジャン使おうぜ!

 



 

かと言って僕のようにですね、後先を考えずにクレジットカードなどで借金しまくるのは絶対にやめましょう…120%後から苦しいです(笑)会社を作るとか、自分の夢の勉強のためにどうしても必要だ!みたいな本当に必要な項目での借金はありですが、単純に目先の欲求にくらんだ借金はろくな事にならないです。

 

つまり一般的な借金というのは我慢が効かずに短期的欲求を満たしてしまう事によって起きます。だからオナ禁をすると精神的が鍛えられて我慢できるようになるので借金癖がある人にもオススメです(笑)

 

あと、補足で書いておくとお金は貯め込むより株式投資とかに使った方が得られる金額はデカくなるので「貯めるより使った方がいいじゃん!」って声が聞こえてきそうです。

確かにその通りです。ですがその「使う」にしても1万で投資をするのか300万貯めてから投資をするのかではエネルギー量が全然違うという事です。オナ禁もそうですがためて最終的に放出する事に意味があるのです(笑)

 

あ、凄い分かりやすい例えを今発見しました!ドラゴンボールの悟空の元気玉ですよ!あれのイメージ!

 

あれも気(エネルギー)をためて放出するんですが、ちょこっとためて放っても弱いんです。限界までためて放出するからこそ、その威力が半端ない。お金もオナ禁も全く同じってことですよ。

今後、説明するときにこの元気玉理論を使いたいと思います(笑)

 

性欲

 

性欲をオナ禁によって遮断するとどうなるのか?当然、オナニーしたいなとか女とヤリタイなって感情がどんどん高まってくるわけです。この状態でいきなり神様に

「はい、と言う事であなたの寿命は終わりなので死んでください」

って言われたとしても、

「いや!ちょっと待ってくれ!い、一発ヤッてからにしてくれ!!」

 

ってなりますよね?(笑)あんまり普段意識してないかもしれませんが、この衝動こそがエネルギーなわけです。

でも普段そういう気持ちになって安易にオナニーをしてしまうことで、そのエネルギーを垂れ流し浪費してしまっています。それ故にその威力にほとんどの人が気付いていない。

そうじゃなくて、その気持ちを正しい方向に有効活用した方が人生の豊かさが上がる。それこそがオナ禁をする意味の1つだと僕は思います。

 

どこにエネルギーを向けるか

例えば彼女が欲しい!カワイイ女と付き合いたいとか突き合いたいとか(笑)恋愛の部分に向けるのもいいですし、何か自分が達成した目標に対して向けるのもいいです。

学生や資格取得に打ち込むために勉強をする必要があるとか。スポーツの大事な試合がある、自分でビジネスを立ち上げて独立したい。なんでもいいんですが、自分が成し遂げたい目標を現実にするために性エネルギーを使う。

 

これに関して「思考は現実化する」で有名なあのナポレオン・ヒルも性エネルギーを転換するというような事を言ってます。と言ってもあまりにもムラムラしすぎて限界を超えると全く集中できなくなるというのもオナ禁のデメリットなので、そこまで来たら一旦リセットするという考えでOKです。

あくまでオナ禁は自分の目標達成のためのツールで、決して意味不明な我慢大会ではない。僕はそう捉えています。

 

食欲

 

食欲は食べないと力が出ないと思われていますが半分正解で半分不正解です。

中途半端にお腹がすくとお腹減ったな〜力がで出ないよ…(BYアンパンマン)

 

な感じになるわけですが、徹底的にお腹がすくとハングリー精神が湧いてきます。

むしろお腹いっぱいになってしまうと動けないし、エネルギーが湧いてきません。

 

ついでに三大欲求の最後、睡眠欲はチャージという概念はないと思います。寝なければ寝ないほど元気になるという人はほとんど見たことがないです。中にはいるのかもしれませんが、そういう人はちょっと変態の領域に突入しちゃってるなって(笑)

いや、もしかしたら本当に限界まで寝ない、断眠状態になるとハイパー覚醒状態で超元気になるのかもしれません。でも他の欲求よりは遥かにリスクが高いのでデメリットの方がどう考えても大きい。

車を運転したら事故りそうだし、歩いてても寝ぼけて赤信号で渡っちゃいそうだし(笑)なので睡眠欲に関してはエネルギーチャージは無しって感じですね。

 

結論

オナ禁にデメリットが無いわけじゃないがメリットの方が19倍ある事です。

何故19なのか?特に深い意味はないです。僕の好きな数字が19なだけ(笑)でも19ってイクって読めますよね?1919=イクイク〜って良くないですか?

色んな意味でオナ禁をする事で19ようになるって事♪

という感じでこの記事は終わりにしたいと思いますが、なんか気がついたらウルトラ長くなってましたね。7000文字越えか〜。長い、長いぞオレ!もうちょっとコンパクトにまとめろよw

【草食男子絶滅計画 〜最強にモテる男プロジェクト〜】

「非モテ残念野郎」から「モテすぎるワイルド肉食MEN」へ激変する怪しすぎるプロジェクトの正体とは?


【オナ禁必須アイテム】

◯◯無しで絶対オナ禁なんてするなよ!その答えはコチラ。。。